20181130

続々聡君のレスピレイション納豆

出来立てほやほや~の~ 
なっと~ 
だよ~~



この度のレスピレイション納豆は日本酸素製の真空保温調理器「シャトルシェフ」プラス「使い捨てカイロ」で保温してみた。
デジタル温度計で断片的に内部温度の変化を計測してみたところ約35~45℃と及第点を得られ粘りも申し分ない。使い捨てカイロは持続20時間の貼らないタイプを2個仕様した。

カイロ対ヨーグルトメーカー

↑東映の怪獣映画みたいなタイトルのこの食べ比べも楽しみで仕方ない。
てなわけでっ!
聡君のレスピレイション納豆シリーズは永遠に不滅です!
おやゆび納豆臭っ!

<まだまだつづくぜよ>

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントはできるようにしましたが返事は期待しないでください。質問などは直接お店へお問い合わせください。

2019新年関西へ④

天王寺北口「花野」清潔感のある店内。正に角打、昭和の立ち飲みと呼ぶのに相応しい酒場だ。 常温の酒と燻製たまごを注文しキョロキョロしていると常連客の一人から「初めて?」と聞かれ、そうだと返答するとその常連客がアレやアレと指す方向にはこの店が紹介された新聞の記事が貼ってあった。 ...