20190110

2019新年関西へ②

友人に大津駅まで送ってもらい京都は太秦(うずまさ)へ向かった。
そこを選んだのには意味も理由もない。ただ安宿があったというそれだけである。
だがしかし、
宿のHPによれば「ドミトリー空き」だったにも関わらず満席だといので仕方なく四畳半?の個室3900円をチョイス。まあ安いし古民家を改築した外人請けしそうなまあまあ良い居心地。炬燵もキッチンも使ってるのは自分だけの貸切状態。
近所のスーパーでキャベツとキュウリ買ってきて琵琶湖で買ってきた山椒味噌を堪能。これがまあ旨い。竹輪、梅干、納豆、漬物を食べながら白ワインを飲る。
炬燵の部屋には石油ストーブとパソコン以外テレビも何もないのもよい。
消灯時間の23:30にはすっかり炬燵で寝てしまい管理人から揺すり起こされてしまった。
あいすいません、おやすみなさい。

翌朝5時起床。自分は旅に出ると何故か昼夜逆転の早寝早起きになる。
まだ暗い中いざ嵐山散策へ。大してどこへ行くわけでもない行きたいところもない、ただただ腹を空かせる為に早歩きでトレーニング状態の散歩巡礼。9時半過ぎに太秦に戻ってきて宿で遅めの朝食というか早めの昼食。昨夜の梅干、漬物と納豆の残りをサトウの麦飯にぶっかけインスタント赤だしと共に胃に流し込む。
さあ出発だ、一路大阪へ。

<つづく>



0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントはできるようにしましたが返事は期待しないでください。質問などは直接お店へお問い合わせください。

2019新年関西へ④

天王寺北口「花野」清潔感のある店内。正に角打、昭和の立ち飲みと呼ぶのに相応しい酒場だ。 常温の酒と燻製たまごを注文しキョロキョロしていると常連客の一人から「初めて?」と聞かれ、そうだと返答するとその常連客がアレやアレと指す方向にはこの店が紹介された新聞の記事が貼ってあった。 ...