20130907

サバキとホウビ

ハチビキ(葉血引)はスズキ目ハチビキ科である。
日本では中部以南の太平洋側で知られている魚だそうだが、俺は多分初めてお目にかかった魚だと思う。
見た目は、キンメをすっきりさせたような、ハマダイ(オナガ)にも似た赤い魚だ。
身は淡い桜色をしており皮目に脂ののったオイシイ魚である。
皮は鯛同様、湯引きにして酢の物、松皮造りがオススメである。
このハチビキは(鯛の皮+鯵の身)といった印象を持った、これはオイシイ魚だ。
「しゃぶしゃぶ」がまたオイシかった。

このハチビキは鹿児島産の約50センチサイズであった。
3枚に卸した後、内臓と頭をアラ煮にしたのだが、これがまあ、ヒジョ~にウマカッタ。
炊き立ての白米に、アラ煮をドバッとかけて食らう「アラ煮メシ」、これがヒジョ~にウマイ。

「アラ煮メシ」

これぞ大きな魚をさばいた者だけが得られるご褒美であろう。

あ、ホウビといえば、
時給35000円のアルバイトをしました。
それは・・・・
へへへ。



江戸も乱れたものよのぉ・・
巷を賑わす色キチガイの看板、
そこを行くツケメン男に、ホルモン女よ、
おまえらに「アラ煮メシ」のウマさは解らぬだろうなぁ・・・
(本所の銕)



新生姜2018

さあ梅雨じゃねえ!このじとじとの季節はぶち胸が踊る僕なんよ。 それはの!待ちに待っちょった新生姜と梅の販売があるけえねえ... 先発の新生姜、今年は宮崎産100g120円ほど。 これを去年と同様約4kg購入し... 半分はガリ(甘酢漬け)にしようかとも考えたんじゃけど...