スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2019の投稿を表示しています

愛車のお話

自分の愛車を改めて調べてみると、

ホンダは'88年と'89年にタイなど東南アジア向けに開発及び販売し好評を得たタイ・ホンダマニュファクチュアリング社製の「ホンダスーパーカブ100」を94年3,000台、95年にカラー変更し2,800台を販売... とある。
テール部のカラーから自分のバイクは95年製ということになる。
1995年といえばストーンズはvoodoo lounge tourで来日した年、そしてなんと!
池袋バレルハウスが開店した年と同い年の目出度いバイクであったことが判明!(すごい!)

ぼくはバイクの免許を23歳の頃取得し初めて買ったのがSUZUKIのサベージという400cc単気筒のアメリカンバイクであった。(この頃は粋がってたねえ?)
その後車検代払うのもアホらしくなり..というか引っ越しに伴いバイク置き場がなくなるので売ることにした。その売った金で中古購入したのがスズキのバーディー50だったがそいつは買ったときから調子が悪くまもなく故障し廃車。
その後、中古だが100mも走っていないピカピカの特価品スーパーカブ90を練馬のバイク屋で見つけ即購入。バイク屋の店員が「こんなバイクが出回るから郵政民営化なんですよ!」と言っていたのが印象的だった。多分郵政職員が経費で購入し放ったらかし眠っていたバイクなのであろう。
しかしこの郵政お下がりバイクはある日アパートの駐輪場から忽然と消えてしまったのだった。
酔っ払ってどこかへ忘れて来たのかと我が目を疑ったが盗まれたのだと気づくのには少々時間がかかった間抜けなぼくはその日も二日酔いで.....。
すごく大事に乗っていたつもりだったがハンドルロックのみでカバーシートもしていなかったらこれ盗まれても仕方ないのですよ、そうです、後悔してもバイクは戻ってこなかったのは言うまでもない。
ぼくのバイクは東南アジアへでも売られていったのかなぁ?

途方に暮れていたそんさんでしたが、災い転じてフグとナス?
自宅の駐輪場から盗まれたということで火災保険が適用となり盗まれたバイク相当の金額が保証されるということにあいなりました。
ぼくは颯爽と山手通り沿い板橋区は熊野町辺りのバイク屋(現在はもうない)へ向かい、そこでで出会ったのがこのタイカブという訳である。

東南アジアへ売られて行ったバイク、そして東南アジアから来たバイク。
こんにちは、さようなら、さよ…

191110仕込み画像

燻製パラダイス

高山市在住の友人が開催するイヴェント「燻製パラダイス」に池袋バレルハウスとして出店いたします、皆様よろしくお願いいたします!
お近くにお住まいの方いらっしゃいましたら是非遊びにいらっしゃいませ!
店主敬白

天然酵母×国産小麦 園1

農文協から出版している古い1冊の本からぼくのパンづくりははじまった。
まず興味を持ったのは国産小麦を使って仕込むということである。
そしてネットで製粉会社を調べ某製粉会社の営業の方にわざわざ来店していただいたのだが...

「どんなパンを仕込みたいのか?」
「どのような粉を探しているのか?」

それに答えることもできないのにパンを仕込もうとしていた自分は営業マンの開口一番によって早速丸裸にされてしまった。
製パンにおいてぼくは全くの超初心者でありフランスパンを焼くのにはスチームが必要だなんてのも知らずにそれを簡単に焼成する気でいた愚か者だった。
その後、営業の方の勧めで早速スチームオーブンを購入し超初心者店主のパンづくりがゆっくりと始まっていった。

営業の方の提案及び紹介を受けいくつか小麦粉のサンプルを頂き、
大失敗→失敗→まあまあ→まあまあ成功→成功
を繰り返している現在である。
まだまだ何種類も試した訳ではないが暫くこれで行こうと決めたのが
「ホシノ天然酵母×南部小麦」この組み合わせである。
この組み合わせが醸し出す芳香がそれを目指す決め手となったのだろうか?(芳香→方向 な~んちゃってね)

この25kgというぼくにとっては大量の南部小麦が一体何時無くなるのかは神のみぞ知る
ことではあるが、製パンは50歳代の1つの挑戦として精進する所存であります。

最後に、
ネズミのチュウさん、ぼくのコムギだけは食べないでね。

店主敬白



かたい豆腐は売っていないので仕込むのである

10/31仕込み画像

19/1028早朝仕込み画像

ガンダルバ

本日は急遽決定したネパールのライブを開催しています。詳細はこちら👇


ニルスの声とギター

冷蔵庫の異音で目が覚めた。
頭の中は止める気もない曲が鳴り止まない。
そして頭の中も外も雨ばかり
では何か他の曲を鳴らそうよ..






そして少し晴れ間が見えてきたよ。

So Yonger

もうすぐ20代か?

89から90

光玄さんというシンガーソングライターがいる。
光玄さんを初めて見たのは飛騨高山で開催された「高山パラダイス」たるイヴェントでのこと。

その後2017年のことだっただろうか?
ホイホイレコードの人から依頼の電話があり光玄さんが初めて池袋バレルハウスで演奏してくれた。
「満月」
という曲は光玄さんの曲なのだが
「あれ?俺知ってるぞこの曲、なんで知ってるんだろうこの曲を...」
と脳みそフル回転でその曲を聞いていた。
池バにも出演しているAZUMIさんも時々演奏していたのを急に思い出したのだが俺はそれより前に「満月」を聞いたことがあった。
「そうや!」
ガラクタヤというバンドが池バに出演した際に「満月」を演奏していたのをはっきり思い出したのだった。
それから20年も過ぎて本家の光玄さんの「満月」を聞いて驚くと同時に曲が終わった瞬間宇宙に飛ばされたような不思議な気持ちになった。

光玄さんは神戸は長田の出身。
この「89から90」というアルバムを俺も特別な思いで聞いている。
1989年~90年は神戸三宮の珈琲屋で働き3年間の寮住まいを終えた最後の年、そして若いだけの勢いで東京へ出てきた節目の年であった。

歌詞の内容はここでは割愛するが、俺にとっては神戸の風景が散りばめてあるようなこのアルバム、聞き終わる終わるころにはすっかりホームシック状態になってしまうのであまり聞かないようにしているが...
また聞いてしまった。
89から90
俺ももうちょっとがんばろうとおもいます。

2019店主敬白


愛着ある団地

素通り出来ずにパシャリ


♪わたし仕込んでます~

蝉の声

残暑の候、いかがお過ごしでしょうか?
今年で24年目を迎えていますがこのような静かなお盆週間は記憶にないです。
台風が運んできた湿気とどんよりした空、今頃鳴き始めたアブラゼミが変わってきた気候を教えてくれています。

ぼくは今年に入って間もなくあることが切欠でランチ営業をはじめました。
ですがランチが繁盛していた20数年前とは事情がまったく変わったのでしょう、続けて来てくれるお客さんはとても少なく(まあそのころ出していたファミレス的メニューと今のとは違うものの)つくづく自分の無力さを感じている今日この頃です。
しかしながらこの辺りの会社員から相手にされないヒマヒマランチのおかげさまで天然酵母を保冷温庫で育て国産小麦を使用した手造りパンを製造するという昼の我が店内はパンの秘密工場と化していたりします。
教えてもらって始めた寝かせ玄米(酵素ごはん)炊飯も段々とコツが解ってきました。
ぼくの仕事はここでただただ仕込んで待つだけです。

昼と夜、この二丁の無鉄砲をかかえてぼくはどこへ行こうとしてるのでしょうか?
落ち込みそうになるといつもどこからか声が聞こえてきます

「ソンよ.. まだまだや!まだまだ努力せんかい!」

我思う 遅れつぶやく 蝉の声

我思ふ 蝉の説教 父の声

それ言うな ジジイジジイと 蝉叱咤

皆様、残暑お見舞い申し上げます。

店主敬白



新しいバンド

50過ぎて新しいロックバンドはじめました!

その名は

MASTER&THE MOTIBATIONS

9.14 sat LIVE@池袋バレルハウス
しかも池バ24周年記念!
♪全員集合NTT!

20時スタートです!
みんなきてね~!

Master&The Motibations are
園山聡    vo&g etc
松田一善 vo&g
入江修哉 b
橋本達郎 ds
ゲスト:ラコヒロコ   vo

手前の写真でごめんくさい