スキップしてメイン コンテンツに移動

ワンツー三線(サンシン)

先日ペグ三線を購入したのですが、これウクレレのペグがぴったりハマるとの情報を得て以前宮古島在住のA澤氏にプレゼントしていただいた三線(ペイントも彼によるもの)にもペグを付けようと考えましてネット検索すると激安ペグ発見!無論中国製だが4個セットで270円送料込は安すぎやろ?!
半信半疑でしたが上海辺りから送料込のペグが本日届きましてさあさあ工作タイムです。
7mmドリルで穴開けてペグを装着。よし弦を張ろうと思ったその瞬間.. 
「ない!」
通称「うたくち」というギターで言うところのナットの部分を落としたみたいで探しましたがどこにも無い。
しゃあない...
外は雪、店も暇だし「うたくち」を自作することにしました。
まずは持っていたフォークギターの牛骨ナットをサンドペーパーで削ること30分、なんとかサイズを合わせたものの最後の溝を切る作業の道具がない。無謀にも木工用ノコギリでトライしていたんですが案の定溝を切り過ぎて割れてしまいボツ1。
お次はプラスチック製の何かの部品でトライしたがこれは素材が柔らかすぎてボツ2。

これでも僕は諦めませんでした。
素材を探すこと10分...
「これは新発見ですぞ!」
これを素材として使うとは流石は天才そんさん(略してテンソン)と自画自賛!
その素材は何かと言うと麻雀の点棒なのです!これ「うたくち」にぴったりです。
ノコギリで切ってやすりかけて今度は慎重にといってもまたもや無謀にもノコギリで溝を切りますと...
はいっ!やっと完成しました。
溝が微妙なせいか、男弦を弾くと女弦が共鳴して「なんちゃってシタール状態」なのも怪我の功名。チープでいい感じに甦った「A澤ペイント三線バレル20周年記念モデル」でございます。
前項のデュオソニックといいこの三線といい2018年は「甦る」がテーマなのでしょうかね?
お次は何が甦るのかは乞うご期待!
僕としては行方知れずの客、亡くなった客をゾンビの如く全員甦らせ....
ちょっちょっとちょっと、それ絶対甦らせたくない!めっちゃ怖いわ!(爆)





コメント

  1. やっぱ中国製のペグはダメでした❗ ゴトウのペグに本日チェンジしました。

    返信削除

コメントを投稿

コメントはできるようにしましたが返事は期待しないでください。質問などは直接お店へお問い合わせください。

このブログの人気の投稿

2019新年関西へ②

友人に大津駅まで送ってもらい京都は太秦(うずまさ)へ向かった。
そこを選んだのには意味も理由もない。ただ安宿があったというそれだけである。
だがしかし、
宿のHPによれば「ドミトリー空き」だったにも関わらず満席だといので仕方なく四畳半?の個室3900円をチョイス。まあ安いし古民家を改築した外人請けしそうなまあまあ良い居心地。炬燵もキッチンも使ってるのは自分だけの貸切状態。
近所のスーパーでキャベツとキュウリ買ってきて琵琶湖で買ってきた山椒味噌を堪能。これがまあ旨い。竹輪、梅干、納豆、漬物を食べながら白ワインを飲る。
炬燵の部屋には石油ストーブとパソコン以外テレビも何もないのもよい。
消灯時間の23:30にはすっかり炬燵で寝てしまい管理人から揺すり起こされてしまった。
あいすいません、おやすみなさい。

翌朝5時起床。自分は旅に出ると何故か昼夜逆転の早寝早起きになる。
まだ暗い中いざ嵐山散策へ。大してどこへ行くわけでもない行きたいところもない、ただただ腹を空かせる為に早歩きでトレーニング状態の散歩巡礼。9時半過ぎに太秦に戻ってきて宿で遅めの朝食というか早めの昼食。昨夜の梅干、漬物と納豆の残りをサトウの麦飯にぶっかけインスタント赤だしと共に胃に流し込む。
さあ出発だ、一路大阪へ。

<つづく>



2017仕込み手前味噌

2017年1月頃に仕込み1年と8か月発酵後熟成させた「池袋バレルハウスのオリジナル手前味噌」を本日仕込樽から出し袋詰めしました。
国産大豆と国産米こうじと天然塩を使用し仕込んだ無添加味噌です。
熟成した味噌は黒っぽい焦げ茶色をしており八丁味噌のような風味で根菜などとの相性が抜群です。
今年は何故か気が向かず味噌を仕込みませんでした。なのでこの味噌が無くなると暫くの間販売はできません。手抜きなく丁寧に仕込んだ手造りの熟成味噌を是非この機会にお試しください。

店主敬白

「池袋バレルハウスのオリジナル手前味噌2017」
税込500g ¥1.000




2019新年関西へ③

宿からの最寄駅は京福電鉄の帷子ノ辻(かたびらのつじ)だったのだが帰ってきてからネットで調べたところ平安時代初期の嵯峨天皇の皇后であった壇林皇后が亡くなった際の形見の帷子に纏わる話が駅名となっているのだと知った。
https://j-town.net/kyoto/news/localtv/197605.html?p=all
嵐山散歩の際にその壇林皇后が創建した日本最初の禅院「檀林寺」の前を偶然通ったのを思い出した。早朝過ぎて開門していなかったがそういえば門前の看板にそのようなことが書いてあった。そうそう、その辺りでこんがりトースト色の可愛いイタチにも遭遇したのだった。

帷子ノ辻⇒西院⇒桂⇒梅田

京福電鉄から阪急電車を経由し梅田へ出て、環状線に乗り換え寺田町で降りた。
寺田町を彷徨い住所をメモして来なかったが辿り着きたいその店を探すが60分程歩いても見つからない。真冬に汗をかきながら彷徨い色々道案内を聞くがその店は誰も知らないというので観念してその店に出演しているデルタブルースRに電話してみたら案の定「昼間は営業していない」と言われ愕然とし某串カツ屋で小休止することにした。まだ昼の11時半ぐらいで夜行バスは21時半出発である。
よし!と立ち上がり天王寺まで一駅歩くことにした。(この日は朝からよく歩いたもんだ)

悪名高い?アベノハルカスを横目に自分の嗅覚を信じて天王寺駅北口の雑踏に紛れ込んだ自分はその店を見つけ不敵にほくそ笑むのであった...
何の知識もなく偶然好みの店を見つけたときの喜びはどんな喜びにも代えがたいものである。
てな訳で「花野」という角打に初めて入店した。

<つづく>