20130722

そんれしぴ#130722(枝豆のきらず)

「きらず」とはこちらで言う「おから」のことである。
豆腐みたいに切らんでええから「切らず」とか呼ぶそうですねぇ・・

こないだ刺身に卸したイサキのアラで取った出汁が残っていたのでねぇ、
久しぶりに「きらず」を拵えてみましたわ。


「枝豆のきらず」

(材料)
きらず(おから) 300g
茹でた枝豆の中身 適量
もやし(1センチ幅に切ったもの) 適量
万能ネギ(1センチ幅に切ったもの) 適量
出汁(何でもよい) 3カップぐらいだったと・・
酒 50cc
みりん 50cc
砂糖 2tsp
塩 1tsp
醤油 1tsp
油 少々


きらずを乾煎りし水気を飛ばしておく
鍋に油をしき、軽くもやしを炒めたら「きらず」を入れ炒める
出汁以下調味料を良く混ぜ合わせたら一気に鍋へ投入し、過熱しながらよく混ぜる
水気がなくなりしっとりしてきたら味を調節し、枝豆と万能ネギを投入し加熱しながら混ぜる
全体が馴染んだら出来上がり


適当にやれば適当にやるほど「きらず」はうまいので、是非皆さんTRYしてみてくださいまし。
今回は枝豆、万能ネギのグリーン系で攻めてみたけれど・・
個人的には「きくらげ」、「ひじき」、「ゴボウ」といった、ブラック系な素材を入れるのも好物である。
あと、うーん・・・
「油揚げ」、「なめこ」、「ちくわ」なんてぇのもいいのよねぇ・・・
きつね色?山吹系って英語で何ていうんやろ?

調べましたら

bright golden yellow 

と、おっしゃるそうです。
ほな、さいなら!

2019新年関西へ④

天王寺北口「花野」清潔感のある店内。正に角打、昭和の立ち飲みと呼ぶのに相応しい酒場だ。 常温の酒と燻製たまごを注文しキョロキョロしていると常連客の一人から「初めて?」と聞かれ、そうだと返答するとその常連客がアレやアレと指す方向にはこの店が紹介された新聞の記事が貼ってあった。 ...